有料老人ホームで介護の負担を減らす|手厚いサポートが魅力です

手と杖

施設を利用する利点

大阪で高齢者の介護を任せるなら老人ホームへの入居が最適です。介護施設には専門の知識と技術をもったスタッフが常駐しているのでしっかり入居者のサポートを行なってくれます。また、介護の負担も減るので一石二鳥です。

車椅子

介護施設の選び方

有料老人ホームは八千代でも高いニーズがあります。手厚いサポートが受けられるので多くの家庭が利用しているのですが、施設を選ぶ際は費用や立地条件、医療体制に設備の充実度などを確認しましょう。

請求業務を効率化する

シニア

老人ホームなどの介護施設では入居者のケアだけではなく請求業務といった事務処理作業もしています。忙しい中でミスを起こすことなく仕事がしたいのなら介護システムの導入を検討しましょう。

入居までの手順

2人の女性

少子高齢化と核家族化が進んでいる今、高齢者の1人暮らしは珍しくありません。しかし、高齢者が1人で生活をしていると突然病気を発症した場合に誰にも頼ることができず、孤独死するという事態になる可能性もあるため、家族間での介護が難しいのならなるべく有料老人ホームなどに入居させましょう。有料老人ホームには専門スタッフがいるので、健康状態が悪くなってもすぐに対処ができますし、看護師や医師が常駐しているため持病をもっている人でも安心して入居できます。また、1人暮らしの高齢者は社会と関わる機会が減って精神的に不安定になる恐れがありますが、有料老人ホームには他の入居者がいるので、色々な人と交流することで心の状態も良くなります。

有料老人ホームへの入居を決めたら、必要な手続きをしなければいけません。まず、ネットなどで情報収集をして希望の施設や部屋を決め、入居の予約をします。その際に申し込み金として100,000円ほど必要になることもあるので、事前に施設に問い合わせておきましょう。また、申し込み金を支払った後に入居者と一緒に身元引受人である家族が施設で面談を行ないます。面談の時に、入居者の健康診断書や介護保険証、健康保険証といった書類を用意する必要があり、さらに身元引受人も本人確認ができる書類を用意しておかなければいけません。面談後は、入居の可否を決める最終審査が行なわれ、1週間以内に結果が連絡されます。無事入居が決定したら本格的に契約を結ぶのですが、申し込みをした日から2週間以内と決められているので、入居契約書類に必要事項を記入して早めに手続きを完了させましょう。