有料老人ホームで介護の負担を減らす|手厚いサポートが魅力です

請求業務を効率化する

シニア

入居者が多い介護施設では、介護福祉士や看護師が常に入居者のサポートを行なっていますが、施設のスタッフは他の業務も行なっています。それが介護請求業務です。施設の利用料の大部分は国から支払われていて、入居者が負担する金額は基本的に少ないです。しかし、介護施設側は入居者の情報を管理しながら定期的に介護請求をする必要があります。今まで、介護請求をする際は磁気ディスクなどに情報を移してデータを郵送するという方法をとっていたのですが、この請求方法は手間がかかりますし、万が一郵送している最中にトラブルが起こると個人情報の流出といった被害が起こる可能性もあります。そのため、最近では介護請求専用の介護システムを導入して、業務の効率化を図っている施設が増えてきています。

介護システムには、専用のソフトをインストールする必要があるタイプと、ネット回線を使用して業務を行なうタイプの2つがあります。専用ソフトが必要な介護システムは、ソフトの購入代金などの費用がかかる他、インストール作業をする手間もかかるので、パソコンでの操作が苦手な人にとってはあまり使い勝手が良くない場合があります。また、データのバックアップを施設側で行なう必要があるので、ある程度操作に慣れないと使いこなすことができません。対して、ネット回線で使える介護システムはソフトのインストールや購入も必要なく、導入後はすぐに使用できるのでとても経済的かつ作業効率も良いです。また、自動的にデータのバックアップも行なわれるので、余計な手間をかけることなく情報管理ができます。